Google Mapは実は有料

  • 有料版GoogleMapの機能と無料版との違い

    • インターネット上で地図検索をおこなう際に用いる地図は、今やGoogleMapを無くしては語れなくなりました。


      飲食店やショッピングセンター・病院などあらゆる業種のホームページにはGoogleMapが埋め込まれ、詳細な場所を表示してくれます。


      2000年初頭から2010年までは、この地図をホームページに埋め込むには月額824円の有料サービスになっていました。
      ところが世界各国で急速にブロードバンドが普及したことに伴い、2011年秋からGoogleでは一部機能を除き有料かた無料へとサービス内容を変更しています。
      GoogleMapの有料版の場合、webサイトに埋め込まれている状態のままでもユーザー自身で縮小・拡大のほか、航空写真を表示させることが可能です。

      あなたの知らないGoogleMapの有料の情報を提供中です。

      さらに位置情報をもとに、アクセスしている方の現在地から閲覧している施設までの距離やルート検索もできるため、より使いやすい地図だといえます。

      この有料版は月額1080円の定額制で、希望をすれば地図上に施設の名前をアイコンも表示をしてもらえるので宣伝効果にも期待が出来ます。無料版で提供される地図機能は大まかな地図表記だけになり、縮小・拡大といったユーザー任意の使い方はwebサイト上ではおこなえません。



      地図をクリックすればGoogleMapの公式サイトへとジャンプするのでそこでスクロールをすることになります。



      機能としては問題はありませんが、利用者には若干手間が掛かってしまいます。