Google Mapは実は有料

  • GoogleMapの有料化について

    • スマートフォンが普及した現代において、紙の地図を持って歩いている人はなかなか見当たらなくなってきました。


      基本的にはスマートフォンから見ることが可能なGoogleMapを使用して、自分のいる位置や目的地の場所を把握することが一般的になっています。

      広く普及したGoogleMapのサービスですが、基本的には今まで有料ではなく無料で提供されてきました。

      GoogleMapの有料情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

      しかし、今世間を騒がせているのは、このサービスが有料になってしまうこのことだからです。



      ただし、全員がこの影響を受けるわけではありません。

      対象となるのは、GoogleMapの機能を、JavaScriptなどのプログラムで呼び出す仕組みを使っている場合になります。



      この機能を使って、自社などのホームページにリンクを貼り付けていた場合は、有料の影響を受けてしまいます。


      一方で有料化の対象にならないものは、GoogleMapのサイト上で自社などの情報を表示し、地図を埋め込む方法で取得したような地図の埋め込みは、この影響から逃れることが可能です。

      しかし、自分がどちらの場合になるのか判別がつかないこともありますので、そのような時はGoogleが提供している、チェッカーを使用することをおすすめします。
      こちらの使用方法はいたって簡単で、該当するサイトをChromeで表示させることで判別ができます。ただ現在までの対応法を見ていると、いつまでも無料化が続くわけではなので、こまめに確認する必要があります。