Google Mapは実は有料

  • Google Mapは実は有料

    • 世界で一番使用されているGoogleMapは、基本的な使用をするのであれば料金はかかりません。

      GoogleMapの有料情報について詳しく解説しております。

      しかしページごとに1日の上限は設定されていて、ウェブでの移動できるMap表示が28500件、ルート表示だと40000件など、利用する内容によって異なります。
      これは200ドル分のサービスを無料で使用できていることになり、個人レベルでは到底突破できるものではありません。


      ただホームページに記載するなどの事業で使用するとなると、大勢の人がアクセスするので話は変わってきます。
      普段何気なく使用しているGoogleMapは、有料版のサンプルとして使用していると考えると良いでしょう。有料と言っても会員費や年会費が必要となるのではなく、使用したアクセス数に応じた従量課金制となっています。



      そこからただの画像として表示する静的と移動に合わせた動的が、Mapとストリートビューそれぞれに異なる料金レートが用意されていて、より細かなニーズに対応可能です。パンやズームの操作、レイヤの変更機能はいずれの場合でも使用できます。

      料金についてはツールでの計算が可能なので、大規模な使用を想定している人はあらかじめ確認しておくと良いでしょう。



      もしアクセス数が有料の域に達したにも関わらず、料金を払わなければ、設置した地図が通常通り表示できなくなってしまいます。

      なのでもう少しで超えそうな数値をしている時や、アクセスが急上昇しそうな状況の場合は、いつでもGoogleに支払いができる状態にしておきましょう。